「命に関わる損をさせても「表現の自由」なのか 健康本を巡る出版関係者の思い」挿絵